谷口眼鏡について

温かさが伝わる眼鏡作り

1996年に自社オリジナルブランド「TURNING(ターニング)」を立ち上げました。
「豊富な色柄と美しい艶、そして温かみのある質感をいかにフレームに仕立てるか」が私たちのテーマです。
そこから生まれるフレームは「掛ける楽しみを伝える」事につながり、作り手としての楽しみでもあります。掛ける人を思い浮かべながら職人たちがそれぞれの作業をし、フレームは完成されます。

掛け心地の良さへの追及

扁平顔の多い日本人に合うようにノーズパッドの工夫をしフィット性の高いパットを開発しました。このパッドは職人たちの手でヤスリをかけるからこそ出来る形状です。無論時間はかかります。ですが手を抜かず一枚一枚こだわって形状を作っています。また、「TURNING」のテンプルはバネ性と加工性を考えた純チタンとβチタンのジョイント芯を使用しております。これはフレームの構造上、柔軟性が必要な部分とお客様のフィッティングを容易にするための加工が必要な部分とで異なる為です。「TURNING」はこの芯を全て使用しております。

使い手の想いを反映するモノづくり

「販売員がお客様にメガネをお渡しする時こそ、一番重要。だからこそ、作り手と使い手の想いをもっとモノづくりに反映していきたい。それが「TURNINGの目指す未来」です。「変わらないのは根っこの気持ち、変わるのは時代に合った工夫。」
これからも私たちはずっと使い手の顔を見続けていきたいと思います。

産地とともに成長するものづくり

谷口眼鏡の工房は、鯖江市内での眼鏡産業の発祥地、鯖江市河和田地区にあります。河和田地区は1500年の歴史を誇る越前漆器をはじめ、手仕事のものづくりが今もなお息づく街です。また自然豊かな環境や、そこで暮らす人々の人情に魅かれ、近年では若い移住者たちが増えつつあります。谷口眼鏡では、そのような鯖江・河和田の環境に感謝しながら、持続可能なまちとして発展するために、産地とともに歩むものづくりを目指しています。